●Site Update : 2021/9/9 thu

↓ お知らせ -Information-↓

お陰様でトラッドソングアルバムの発売が決まり、津山篤、長野友美デュオでの活動情報が増えて参りました。
そこで長野友美のオリジナル曲での活動情報とごっちゃにならないように、新たに『Trad Song』というページを増設しました。


●音のおたより1.『海の中の海』作詞・曲/長野友美
公開期間:2021/9/8〜9/19

↓ ちかごろのこと -Note-↓

●2021/9/9 記【マイナーチェンジあれこれ】


サイトのページを少し作り変えてみました。
長野友美のオリジナル曲を中心とした活動とは別に、今後トラッドソングを中心とした津山篤さんとのデュオの音源発売やライブも控えているので情報がごちゃつかないようにしようというのと、ほとんど静的なページに関しては一番下のサイトマップからのアクセスにして、動きのあるページをメインに置くことに。


---------------------


私の1stアルバム、3rdアルバムのCDがオンライン上で常に品切れとなっている件ですが、各ショップに発売元であるミディクリエイティブによる在庫補充がなされていない現状です。ですのでAmazonなどのリンクでのご案内は消しました。1曲ごとのストリーミングでは購入いただけます。
このままCDが絶版になったらごめんなさい。

2ndアルバムCDは西沢和弥さん運営のDancing Pig Labelからの発売でAmazonでも取り扱って下さっており、私の手元にも在庫があります。


---------------------


それから些細なことではありますが、Youtubeで新たに「音のおたより」というシリーズを始めました。
MV「舟の旅」を公開して以降たいして更新できていなくて、何かやりたいけれどずっと残るものは気が重いなと思い、1週間で消える簡素な音楽のお便りを更新して行くことにしました。第1回目は試運転で少し長めの9/19(日曜日)まで。以降は毎週月曜更新の予定です。

それに伴ってこれまでこのページに貼っていた動画を『Video』ページへ移動しました。


---------------------


以上どうぞよろしくお願いいたします。



●2021/8/27 記【終わったこと、始まること】


津山さんと制作中のトラッド・デュオ・アルバムはマスタリングも済みまして、
音に関することが全て終了しました。


11月の終わりに発売予定。
詳細は近日中に発表しますが、11/21東京、11/22名古屋、11/24京都でレコ発&先行発売ライブを予定しています。
その頃の感染症の状況を見ながらにはなりますがどうぞよろしくお願いします。


---------------------


それから先日8/23に長野友美withパイカスの拾得ライブが終了しました。
沖縄からちえみジョーンズをゲストに迎えての開催。
お運び下さった皆さまありがとうございました。


自粛された方、平日の大幅な時間の繰り上げで諦められた方、お勤め終わらずお忙しい中キャンセルのお電話下さった方もまたいつか。
どうかお元気でいてくださいね。


そしてこのように、いらっしゃれる方が限られる厳しい条件の中 営業して下さった拾得に感謝です。


デルタ株の感染力の強さ。
酒類提供無しな上に食事することのハードルが高くなってしまった日々。
それゆえにお店への貢献としては大きな課題が残るんですが、そこは私個人で出来ることを何か考えて行きたいです。


ともあれ現在ライブ情報がしばらくの間白紙となりました。
10月あたりにちょこっと入るかもしれませんが、まだわかりません。
これまで同様、決まっても状況によって変わってしまうことも多いと思いますが、ライブを必要としてくださる方とぽつりぽつり 火を灯して行きたいです。


でもそれは無謀にではなく、しっかりと科学情報に基づいて怖がり気をつけながらですね。


それではまた。



●2021/8/6 記【しばらく日記をさぼっているうちに】


津山篤&長野友美のトラッド・デュオ・アルバム、
5日間にわたるレコーディングが終わり、8月中にあと1回スタジオに入ればミックスダウンも終わりそうです。
CDは今年10月のリリース予定となりました。


コツコツとこまめに書いておけば良かったのに、参加して下さったゲスト・ミュージシャンのエピソードをお一人づつ説明して行くのはもはや不可能です。


完成したアルバムを聴いていただけたら名手たちの素晴らしさは必ず伝わると思うのですが
せめて軽くここにご紹介します。()内は今回の収録楽器。
↓ ↓ ↓ ↓

--------------------------------------


◆吉田文夫さん(コンサルティーナ、ボタンアコーディオン)
まだ日本のほとんどの人が所謂ケルトミュージックを知らなかったような時代にイングランドでコンサートやパブ演奏を観てまわり、
その魅力に取り憑かれてアイリッシュバンドSi-Folkを始められた方です。ライブではこの他にギターも弾かれるし、民謡を歌われても素晴らしい。


◆原口トヨアキさん(バグパイプ、ローホイッスル、マンドリン、バンジョー)
Si-Folkのメンバーで日本では初のバグパイプ奏者としてキャリアをスタートされた方です。
本場の民謡界でも複数楽器を操れると粋な感じですが、弦楽器から吹奏楽器までをここまで軽やかに味わい深く奏でられるマルチプレーヤーは実際どれだけおられるのだろう。


◆吉田正幸さん(ピアノ)
元・羅針盤。現在は渚にて などで活動されています。
ピアノが弾けもしないくせにピアノが好きで、それゆえに密かに音にうるさい私なのですが、数年ぶりに心掴まれるような演奏を聴きました。
弾いてくださったのは長篇な割にごくありふれたコード進行の曲(それだけ歌詞が強いため)なのですが、ピアノテイクだけ聴いていても全くダレず、むしろこれだけで気持ちいいくらいセンス良い仕上がりで、びっくりです。


◆タケヤリシュンタくん(アコースティックギター)
日本の若きブルース・コバーンだと勝手に思っています。
久しぶりに共演した時にお互いにマイク・ウォーターソンを愛聴しているのがわかって「それじゃあ」と私が提案したカヴァ曲にすんなり合わせてくれたのも凄いんですが、曲の最後に入る救急車の音までばっちり再現してくれて、本当によく聴き込んでるなーと感心してしまいました。
今回の録音でもそうゆうところが発揮されていて、じっくり曲の流れを読み取った上でドラマチックで瑞々しく華のある演奏をしてくれています。


◆藤原弘明さん(フィドル)
この方のことだけ前の日記で書いているので割愛しますが、Mix作業で改めて聴いてもやっぱりすごいなぁと思いました。
私が足し算をしている時に藤原さんは関数計算してるのかというくらい取り組み方が違うのを感じます。


--------------------------------------


さて、デュオのお相手である津山さんはレコーディングを終えるやいなや
山開きの準備のため南アルプス暮らしとなり、ミックスの日にだけ下山するという驚きのスケジュールで動かれています。
長年登山道の整備や山小屋の管理をされていて、現・天皇陛下をガイドされたこともあるらしい。


今年亡くなった祖母に聞かせてあげたら喜びそうな話です。


今年秋にはこのデュオで、Si-Folk吉田文夫さん主催のケルトのコンサート出演や、東京・名古屋ツアー(行ける状態になっているのかはわからないけれど)なども決まってきています。


つい先日、デュオのプロフィール文などを作成するにあたっていつの間にか表記が「長野友美&津山篤」になっていて冷や汗をかき
慎んで「津山篤&長野友美」に変更していただきました。


こうゆう順序はどっちがイニシアチブを取ってて偉いとかどれだけ貢献しているかではなくムードの問題なんですが、
「長野友美」はオリジナル弾き語りで長くやってきた名前で、後にも先にも自分しかいない自由の道でふらふらと風に吹かれて来ましたので
後ろに誰かの名前を連ねるような馬力はこれまでもこれからも無さそうなんです。
とくに今は夏バテ気味ですしね。


でも後ろに風船みたいにくっつくならちょっとは何かを発揮できそうな。
完全に気分の問題で、しようもなくてすみません。



これからジャケット制作とか写真撮影をしていくんですが、津山さんも私も口を揃えて言っているのは
「気の利いた服なんて持ってない」


さてどうなることやら。
それではまた。



これより過去のNoteはこちらに移動しました→ちかごろのこと古漬け

↓ 終了したライブ ↓

ご来場ありがとうございました。

【2021年】
・8/23(月)京都市 拾得 長野友美withパイカス W)ちえみジョーンズ ・7/18(日)京都市 夜想 W)稲富英樹+小池克典、栗本英明
・5/29(土)大阪市 音凪食堂『音凪10th&津山篤と長野友美CD発売前祝い』W)津山篤、タケヤリシュンタ
・4/7(水)大阪市 gallery yolcha 『スパイスと旋律 vol.7』W)宮本章太郎(nayuta)
・3/20(土)京都市 Cafe Wood Note 『弥生のニ頁vol.9』W)フジコ
・2/14(日)京都市 UrBANGUILD 『Monster Night~青井橘 追悼vol.13~』事情により出演キャンセル致しました。急なことで申し訳ありませんでした。
・2/6(土)京都市 DEWEYライブ&生配信 W)mollen、よしこストンペア
・1/29(金)京都市 拾得(じっとく)長野友美ソロ・ワンマンライブ

【2020年】
・12/13(日) 長岡京市 火灯し喫茶すずかげ W)心中前夜と大津光央、ヴィンセントナガ
・11/19(木)大阪市 梅田ハードレイン『黄金の岸辺から〜The Golden Shores〜』W)Los Dobros
・11/3(火祝) 大阪市 ムジカジャポニカ『待ちわびのウタ』W)ぱぱぼっくす、田渕徹
・11/1(日) 京都市 夜想『夜想再見!~堀川御池サヨナラライブ~』W)しばたけいじ、栗本英明、稲富英樹+小池克典
・10/22(木) 大阪市 雲州堂『イオリズム』W)TOM & CHERRY with SEN
・10/3(土) 京都市 居酒屋まほろば『りんどう×長野友美 秋の二人会』
・8/23(日) 大阪市雲州堂『冬支度Presents 靴音までメロウにvol.31』
・7/12(日) 大阪市音凪食堂 長野友美with西村哲也DuoとSoloライブ
・4/5(sun) 長岡京市 喫茶すずかげ 『松浦奏×長野友美』変更→『長野友美ワンマンライブ』
・3/14(sat) 京都市 カフェウッドノート『弥生の二頁2020』 W)フジコ
・2/28(sat) 大阪市 ムジカジャポニカ W)伊藤せい子、青木マリ ※長野友美は虚血性腸炎のため出演できませんでした。急なことでご心配をおかけしました。楽しみにして下さったみなさま申し訳ありませんでした。次回のムジカでお会いしたく思います。
・2/8(sat) 大阪市 音凪食堂 W)Los Dobros
・1/28(tue)京都市 居酒屋まほろば W)木下弦二、ラブラブスパーク
・1/19(sun)京都市 都雅都雅 『新春吉例 八時間耐久ライブ』
・1/14(tue)大阪市 雲州堂 『きくみるよる』W)春待つある冬、進藤宏希



-Site Map-
TopLive ScheduleTrad SongVideoContact
DiscographyProfileCartoonDesignTranslation Of Lyrics|