●Site Update : 9/6 fri 2019

↓ お知らせ -Information-↓

●2019年9月に2年ぶりとなる関東ツアーが決まりました。それから10月には大分市、北九州市へ参ります。
その他ライブスケジュールは2019年11月までが決まってきております。
詳細はLive Scheduleをご覧ください。

●当サイトのページを増設しました。
『動画』『デザイン集』『漫画集』『歌詞翻訳』新しい4つのページはこの画面下のほうにリンクを設けています。

↓ ライブトピックス -Live Topics-↓





●そのほか、チラシのないライブもあります。
ライブの全情報はLive Scheduleをご覧ください。


↓ ちかごろのこと -Note-↓

8月のお盆帰省の折、お気に入りのスポットのひとつである北九州市総合農事センターの遊歩道を歩いてきました。
炎天下、アプローチに涼風心地よい日陰を作っている杉の並木にはたくさんのアブラゼミが鳴いていて、だけどその中に混じって夏の終わりを告げるツクツクボウシの声もほんの少し聞こえてきました。九州は少し早いですね。
京都でこの文章を書いている今はツクツクボウシの元気な声も過ぎ去ってちょっと寂しさを感じる季節になりました。夜になると様々な虫がご自慢の翅を響かせています。ある朝すっと涼しくなったかと思えば翌日にはまた暑さが戻って来る。そんなことを繰り返しながら季節は移ろいで行くのでしょう。 水害が相次ぐ昨今、出来るだけ穏やかに移ろいでほしいと願うばかりです。

さて、9月に入り私はアイルランド・スコットランド民謡のレパートリーとにらめっこしています。
来たる9月28日(土)に大阪市音凪食堂さんでトラッド色の強いライブをやってみることにいたしました。 実は私、京都で年に1回あるかないかのペースで『トラッドナイト』と題した小さな演奏会を開いています。ですが他のエリアではまだやったことがありませんでした。
今回Si-folkというトラッド専門のバンドと共演することとなり、それならば大阪でも私もトラッドを中心にやってみましょうと思い立ちました。Si-folkさん、Youtubeにいくつかライブ動画が上がっているのを見ましたが、本場のバンドを見ているようでドキドキしました。私は教えていただくことの方が多そうです。

私がトラッドソングを日本語歌詞にせずに聴いたまま歌うのは、率直に 違う国違う時代の歌のもつ不思議な響きが好きだからなのですが、近ごろ意識しているのは「民謡は歌(歌詞)から失われてしまうことが多い」ということです。
それこそが大衆歌の性質、宿命なのだろうと思いますが、トラッドソングを集めていると何世紀も昔からあるメロディに時代に合わせて歌詞がどんどんすげ替えられていったり、あるいは歌い手がいなくなってメロディだけが残りインストゥルメンタルとして奏でられるのみになったりしてきたことがわかります。
そうして自然に失われていったり生まれ変ったりすることはもしかしたらメロディが生き残っていくために必要なことだったのかもしれません。
儚くも面白い事象です。
そんな中、誰かが掘り起こしてきた古い歌詞が歌い手から歌い手へ伝わり、言語の違うこの日本にまで伝わってそのまま歌われていたりするのは我ながら何とも希少で奇妙なことだと思うのです。
そんな訳で有名な歌から日本ではなかなか歌っている人はいない(?)と思われるレパートリーまで色々携えてまいります。

少しは宣伝になったかな、、、。
ビールやウィスキー飲んで不思議な言語にゆらゆらしたくなる夜になると思います。ぜひのお越しをお待ちしてます。
小さなお店ですので来場くださる方は予約をお願いします。予約方法はScheduleの詳細をご覧ください。

2019.9/6 記

↓ 増設ページ -NEW PAGE-↓

●ライブ動画をここに移しました。過去にFacebookやTwitterのタイムラインに流していた自主撮影動画『音便り』などをこちらにお引っ越しさせています。→Video

●長野友美の手がけたデザイン集。出来る限り音楽に集中したいので基本的にチラシのデザインは外注するのですが、宣伝期間が短い時やイメージが細部まで固まっている時にだけデザインしています。→Design Works

●長野友美の漫画集ページ。→Cartoon Works

●趣味でやっている英語歌詞の和訳はこれからも(あらかたの納得が行けば)増えるかもしれないのでこちらにお引っ越ししました。→Translation Of Lyrics


-Site Map-
TopLive ScheduleProfileDiscographyContact
VideoCartoonDesignTranslation Of Lyrics|